経営者住宅ローン審査の本当の意味とは?

経営者住宅ローンは、住宅ローンの中でも異質の存在です。
ローン審査は通常借主の返済能力を審査することになりますが、経営者住宅ローンの審査は経営者自体ではなく、経営している会社の審査が一番重要なのです。
経営者と会社は一心同体であり、切り離して考える事はできないと言うのが銀行側の考え方です。
確かに会社が倒産すれば経営者は無収入になりますし、未払の役員報酬も回収できません。
その意味では経営者は従業員より不利な立場にあることは事実です。
経営者はそのようなリスクを負って会社経営をしているのであり、自分の住宅も会社借入金の担保に入れているのです。
経営者住宅ローンは、銀行側としては会社にお金を貸しているのと全く同じ事なのです。
住信SBIネット銀行は住宅ローン審査通りやすい?【低金利で人気】