しまったままになっていた着物類を買取業者で買ってもらうことにします

自宅の建て替えに向けてためこんでいたものを整理していると覚えのない反物に出会いました。
丁寧にしまわれていたため保管されている間に傷むこともなくきれいなままで残っています。
お着物買取業者の案内を調べてみると多くは反物も買い取っていることがわかりました。
仕立てないまましまっておくよりも、次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。
箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を処分できやしないかと考えるのですが、懐かしい品や形見の着物もあって、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。
でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。
正直、意外でした。
お着物なんて廃れたかと思っていたので。
以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、お着物の買取を専門にしている業者さんというのは丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。
とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。
本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、それにまつわる思い出や、思い入れも当然あって、いつまでもとっておきたい人も多くて当たり前ですが、着る時期を過ぎてしまったら、手放してお金に換えることにすればより生産的かもしれません。
買ってから日が浅く、ものが良ければそこそこの買い値で売れるでしょう。
思い出よりも、これからの生活に役立つお金が手に入るでしょう。

服を売る?相場を知って賢く立ちまわる!【高く売る方法!】