AGA遺伝子検査キットの申し込み手続き方法は?

AGA治療に効果があるとされる薬品にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルと呼ばれる塗り薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制し乱れたヘアサイクルを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルには血行を促進する作用があり発毛を促進する効果が期待できます。

しかし、どちらの薬品も発毛剤として開発されたわけではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬、ミノキシジルは高血圧の治療薬でした。

2つの薬とも薄毛を改善し、発毛を促進効果があることが発見されたため今ではAGAの治療薬としても処方されています。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる髪の毛が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛は昔から男性が抱える悩みの1つだったようで巷にはいろいろな育毛剤が氾濫していますね。

ここ数年でやっと医療機関による治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えないため自己負担診療なのです。

とはいえ、医師がAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販されている薬よりも症状が改善する人はかなり増えました。

しかし、AGA治療とは対処療法にすぎませんので、処方薬の使用を中止すると元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGAとは成人した男性に見られる脱毛症のことで女性で発症することはありません。

脱毛してしまう原因は男性ホルモンが起因しているとして治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGA治療薬にはプロペシアという薬が用いられますが、この薬はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることで効果が発揮されるというものになります。

AGAが起因する脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分がヘアサイクルの成長期を妨げている原因だと考えられます。

成長期が短くなることによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうため細く短い頭髪が増えてしまうことで薄毛が目立つようになってしまうのです。

AGA治療は保険が適用されませんので費用は100%自己負担ということになります。

AGA治療が開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用がかかりました。

又、保険が適用されない医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いなので値段は販売店の判断で自由に設定することができます。

ですから、処方してもらう薬品でも価格差があり店によっては数千円の価格差があったのです。

更に診察を受けなければ処方箋はもらえませんので再診料や診察料も都度発生します。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりも皮膚科のドクターに診てもらうことをおすすめします。

病院で処方してくれる薬は医薬品ですのでドラッグストアなどで販売されている医薬部外品よりも効果が高いです。

処方される薬は保険が適用されないので市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を使っているよりは結果が期待できますし、長い目で見れば安上がりになるかもしれません。

それから、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをすることを心がけることでさらに効果が上がるのでおすすめです。

規則正しい生活はもちろんのこと、ストレスを溜めないことや食生活を見直してみるのも効果的です。

AGAというものは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活にも大きく影響されるということをご存知でしたか?人間の身体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人は血流を改善することが大切となります。

ストレスや運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵となるほか喫煙によるニコチンの摂取も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮が凝り固まっている人は血流を改善するために頭皮マッサージや入浴などが有効です。

AGA治療は保険適用外なので治療費は100%自己負担となります。

内服薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回あたり約3000円の診察料がかかります。

その上、プロペシアが1錠250円(万有製薬公式価格)ですから1ヶ月で1万円を超える治療費がかかることになります。

市販薬にも配合されているミノキシジルは薬剤師がいるドラッグストアなら問題なく買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合しているリアップx5は医薬部外品として市販されていますがプロペシアと同様に大きな出費がかかります。

AGA治療のコマーシャルに起用された最初の芸能人といえば爆笑問題のお二人でしたよね。

彼らがCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMによってAGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんや歌手の方も育毛剤のCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出しやすくなったのではないでしょうか。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、リアルすぎて悲壮感が強いのかもしれませんね。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛といった副作用を起こす可能性があります。

念願の毛が生え始めたのに抜け落ちてしまうというのは薬が体質に合っていないのではないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛が発症したということは効いている証拠ですのでむしろ喜びましょう。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくる準備が進んでいるということです。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症しミノキシジルを使用した場合でも同様の副作用があります。

AGA治療には飲み薬のプロペシアやミノキシジルという塗り薬が使われます。

引用:【AGA遺伝子検査キットの購入】本家サイトでの手続き方法!

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋をもらわないと手に入れることができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので医師の診断が無くても買う事ができます。

ミノキシジルにはプロペシアと同様に飲み薬もありますが日本でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

飲み薬のミノキシジルはネットで海外から取り寄せができますが偽物を掴ませられる可能性がありますのでお勧めできません。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長が阻害されることにより発症します。

AGAを発症してしまうと髪の毛が十分に成長する前に脱毛してしまうので髪質が細くなったり短い髪の毛ばかりが残って薄毛が目立っていきます。

AGA治療はプロペシアという薬を使いDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

内服薬以外にはミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促進し活性化させるといった治療法もあります。

両方の治療方法を併用することも可能ですが健康保険適用外なので治療費が結構がかかってしまうのが難点です。

AGA治療に励んでいる皆さんは日々の生活習慣にも気を付けなければいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりと言う食生活では脂質を摂り過ぎてしまったり塩分過多による血行不良の恐れも。

日頃から髪の素となるタンパク質やビタミンを多く摂取するようにし亜鉛を摂ることで抜け毛や白髪の予防に努めましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品などに多く含まれていて亜鉛はレバーに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑制してくれるほかリラックス効果も高いのでストレスの軽減にも効果的です。

AGAというのは遺伝により発症するものですので個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療はあくまで症状を食い止めるための対症療法にすぎないので根本的に完治するものではないのです。

ですから、AGA治療を止めてしまうと再びAGAが発症し進行してしまうのです。

とはいえ、AGA治療薬も医薬品のため副作用の可能性は否定できませんので一生使い続けるのも心配があります。

ですので、ある程度の所まで薄毛が改善が確認できたらAGA治療を途中でやめるという決断をするのも1つの方法です。

日本皮膚科学会がガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療に有効な数少ない薬です。

ですが、薬と言う物には副作用があるので服用前にどんな副作用が起きるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが肝機能障害については血液検査でチェックできるので使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

他には男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症なども危惧されています。

AGA治療薬として有名なプロペシアは医師に処方箋を書いてもらわなければ買う事ができません。

医薬品なので店頭に陳列されていることもなく自由診療なので高価なことが難点でした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたので従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品とは特許期間を過ぎてから開発される医薬品で先発医薬品と同じ医薬成分を使って別の医薬品メーカーが作る薬のことです。

先発医薬品の有効成分を使って同じ効果と安全性を確保すればいいのですから、開発コストが削減できるため従来の2~5割で販売できるのです。